IMG_3158

2019年5月25日、大阪の千日前にあるクジラ料理の老舗『徳屋』が閉店した。
残念だな、と思いながらTwitterを眺めているとヴィーガンの人の理解不能な投稿が目に入った。どうやら徳屋を閉店に追い込んだとちょっとした炎上騒ぎになっているみたいです。

Twitterの炎上

問題の投稿がこれ


つまりはヴィーガンの人が閉店に追い込んだと炎上。
実際は後継者問題もあり体の自由が利くうちにお店を整理することにしたようですが。。。
あのクジラ料理の老舗「徳家」が閉店へ

しかしこの投稿内容を見てどう思いますか?

自分でヴィーガン貫くのは勝手ですけど他人へ攻撃するのはどうなのでしょうね。動物への差別、とか良く言っていますが差別意識はこういう人の方が高いのでは?そう思ってしまします。


そもそもヴィーガンとは?

この一件でそもそもヴィーガンって何?ベジタリアンと違うの??と疑問を抱き調べてみることにしました。
Image

なんかすごく細分化されているようです・・・
簡単に言うとヴィーガンとは肉や魚だけじゃなく、乳製品、卵、など動物由来のものはダメで完全菜食主義者とも言われています。
また更に植物も収穫したらその命を絶つものは食べない。例えば果物なんかだと果物食べてもその木は枯れないですよね?そういったもののみ食べる人をフルータリアンと呼ぶそうです。

ややこしい。。。



こんな経験があります。皆で焼き肉に行こうという話になったのですが、その中にベジタリアンの人がいました。で、焼き肉に行こうとする人を思いっきり馬鹿にしていたのですよね。
実はその人、かなり裕福な家の人で動物が大好きでベジタリアンになったらしいのですが、財布は皮製という・・・

まともなヴィーガン、ベジタリアンンの人も中にはいるのでしょうけど、今まで出会った人はどうも価値観の押し売りと矛盾の塊みたいな人が多く、はっきり言って好きにはなれません。このTwitterの投稿内容もそうですよね。自分たちがヴィーガン、ベジタリアンの価値を下げているというのがわからないんでしょうかね。

この炎上騒ぎから思うこと

私はワンコ飼っています。某国は犬を食べる文化がありますが、別に憤りを感じる事はありません。それはその国の文化、嫌なら自分が食べなければ良いだけで、他国の文化に干渉すべきではない。
これは個人間でも言える事で考え方は人それぞれ。議論するのは良いと思いますが、自分の考え方が絶対的なものとして盲信するのは危険。ヤバイ新興宗教と同じです。

クジラ料理の徳屋さん、特にクジラは捕鯨問題があり大変だったと思います。現実問題日本のクジラ文化はどんどん衰退していきました。昔は和歌山のスーパーではイルカやクジラのブロック肉ふつうに売っていましたが、ほとんど見かけません。おでんのコロも知っている人の方が少ないんじゃないでしょうか。

ただ日本はIWCを脱退、今年の7月より商業捕鯨が再開される予定です。徳屋の女将さんは今まで国内外の会議に参加。IWCの総会にも何度もオブザーバーとして参加したようです。そういった活動が捕鯨文化を守るこういった動きにつながったのではないでしょうか。

しかし閉店は本当に残念です・・・