Image

最近ヴィーガンという思想に興味を持ち、色々と調べてみた結果あの人たちは人生の縛りプレイをしているという結論に至りました。

ヴィーガンの種類

まず一言にヴィーガンと言っても様々な種類があります。
・エシカル・ビーガン:動物性食品は食べないのはもちろん皮や毛皮も使用しない
・ダイエタリー・ビーガン:衣類品などには拘らないが動物性食品は食べない
・フルータリアン:植物にも制限あり、果物など収穫しても植物が死なないもののみ食べる。

共通して言えることは『動物性食品を食べない』ってことですね。

ベジタリアンとの違い

よくベジタリアンとヴィーガンは混同されますが、どうやら違いがあるようです。
ベジタリアン:肉や魚を食べないだけ。味の好みとか宗教上の理由など理由は問わない。
ヴィーガン:肉や魚も食べず、動物性の加工品もたべない(乳製品とか)。これは種差別をしない考え方からきている。
この種差別とはヒトとその他動物で差別をしない、そういう意味です。
ヴィーガン的に言うと畜産業とか食べ物になるために生まれてくる。ヒトがそんな事されたら嫌でしょ?だったらやめましょう。って感じですね。

動物はダメで植物は良いの?という議論

よく議論されるのがこれです。命には差はない。動物はダメで植物は良いのか?
確かにそうですね。動物と植物に差をつけるということは動物と植物で差別しているということになります。種差別しないは何だったのか?もしくはヴィーガンの中では植物は種としての範囲外なのでしょうか?

これに対してヴィーガンの切り返しがこれ。
動物を食べるより植物を食べる方が環境に優しい(食糧問題の解決につながる)
一体どういうことなのでしょうか?
牛肉を例にすると牛は体重を1kg増やすのに約10kgぐらいのエサが必要になります。つまり生産するのに非常に効率の悪い食材ということですよね。みんなが肉食べずに牛と同じように植物食べれば食糧不足は軽減されみんなハッピー、そういう意見です。

よく捕鯨問題でヴィーガンが暴れていますが、その食糧問題を当てはめると整合性が取れます。クジラはよくわかりませんが、マグロの場合1kg太らせるのにエサだいたい15kgくらい。増肉係数とか言われますが、基本的にこれってデカい生き物ほど効率悪くなるんですよ。

なるほどそう考えると一理あるようにも思えます。

でもちょっと待ってください。ベースが種差別をしない。であるならば思いっきり矛盾しているのではないでしょうか。地球の環境云々を理由にするなら最も多い種であるヒトこれが一番悪者ですよね。人類をぶっ殺そうという思想ならまだわかります。そもそも植物は食することはオッケーの時点で種差別している気が・・・
人間は頂点に君臨し、植物は生き物と認めない。その他の動物はみな平等にしよう。こう言ってくれた方がわかりやすいのですが・・・

結局自分の価値観が絶対と盲信している人たち

そう思わざるを得ません。別にヴィーガンするのが悪いとは思いませんが、勝手にやっていれば良い。それを他人に強制するのは違うと思います。ヨーロッパの方では肉屋がヴィーガンに襲撃された事件がありましたよね。そんなのは極端な例ですが、わけのわからないデモする人、TwitterやYouTubeに残虐な動画アップして洗脳しようとする人。
善悪のわからない子供がYouTubeを見る。クラスに畜産業の子供がいる。そういうパターンもあるでしょうに。ドキュメンタリーのような形で考えさせるのと、答えありきみたいな編集した映像垂れ流すのは大きく異なります。

つまりは縛りプレイ

肉と魚を食べずに生きてみた。うん、ただの縛りプレイしている人ですよね。んで縛りプレイしている私すげー。みんな見て見て。こんな人。

野菜だろうが肉だろうが関係なく食べる全てのものに感謝し食べ物を粗末にしないこと。それが大事なんじゃないですかね。