IMG_3421

MEO(Map Engine Optimization)ってご存知でしょうか。
飲食店などの集客方法として注目されているもので、専門の業者も結構いるようです。
しかし、、、どうもこのMEO業者って胡散臭い。

MEOとは

MEO(Map Engine Optimization)とはグーグルマップでの地図エンジンにおいて最適化する事。
これは画像で見た方がわかりやすいと思います。
こちらがGoogleで【新宿 海鮮】と検索した結果
Image

3件の海鮮料理屋と思われるお店が表示されています。MEOとは要はGoogleで検索されたときにこの3件に表示されるようにしよう、という事です。

MEOが注目されているわけ

さて、このMEOですが最近やたらと注目されています。
今までの飲食店を探すルートはぐるなびや食べログといったポータルサイトからスタートして探していました。
しかし最近はGoogleやヤフーのトップ画面からさっきの『新宿 海鮮』のようにエリアと業態で検索する方が多くないでしょうか。で、一番上に出てくるのがMEOの部分。そりゃそうでGoogleで検索しているので食べログ、ぐるなびなどがMEOより上位表示されるはずがありません。
なのでこの一番上の表示されるMEOで集客していこう、と最近注目されています。
そして注目されているという事はよくわからない業者が大量に出てくるわけで。。。

MEO業者が胡散臭い理由

MEO業者のよくあるセールス文句がぐるなび、食べログに何十万も使うならMEOを強化しましょう。MEOは一番上位に表示されるため集客効果が高く、さらに『3件に表示された回数に応じて料金が発生する成果報酬型』のため、効果がわからないぐるなびや食べログよりコストパフォーマンスが高くなっております。

この成果報酬型というのが胡散臭いんですよね。

MEOって何するかと言うと、Googleマップ上の自店舗の情報(営業時間や定休日など)、写真、口コミなど情報を豊富にしていきGoogleからの評価を上げ表示されやすくするという感じです。
またスマホで検索する場合はGPSの位置情報も影響するため、検索したときに居る場所によっても検索結果が変わってきます。
つまりそれなりに情報整備して、店の真横で店の業態を入れて検索するとだいたい3件に表示されるわけです。業者は営業時間や定休日など必要最低限の情報を整備して放置、別に大した事していなくても3件に表示されたことをさも私たちのノウハウの結果、みたいに言っているだけのような気がします。
ちなみにこのMEOなんですけど、情報整備するのは結構簡単です。自分でできます。調べたらいくらでも出てきますが、オーナー登録して必要な情報を加えていきましょう。

それでもMEO業者を使うなら

それでもやっぱりよくわからなくてMEO業者を使うなら自分でするのは難しいサービスを提供している業者が良いと思います。例えば店内を360度カメラで撮影できるとか、Googleストリートビューを設定できるとか。
悪徳な業者は間違いなくいます。もちろん全部が悪徳業者ではないと思いますが、絶対上位3件に表示されます。などと言う業者は危険です。どういう理屈で表示されるかなんかGoogleしかわかりません。
先ほども言ったように基本情報の整備は結構簡単なのでまずは自分で設定してみる事をお勧めします。そして口コミは良い意見にも悪い意見にもきちっと返信する事。
こういうものはすぐ効果はでません。日々の積み重ねでGoogleからの評価は上がります。

悪徳業者には騙されないようにしましょう!!